健康状態と保険加入の関係

保険契約に大切な健康

bing

学資保険の付加価値の情報

HOME | SITEMAP

  • 自転車保険の情報
  • 自動車保険を見直す
  • 保険は相談しよう
  • トップ » 健康状態と保険加入の関係

    新着情報

    保険契約と健康状態の審査

    学資保険は生保ではありませんので、医師の診断書などの類は必要とされてはいません。ただし、加入の際には自己申告で告知書を提出する必要があります。このとき、契約者である親権者のみならず子供の分も必要となり、もし、持病を抱えていたり、過去に大きな手術を行ったりしていれば学資保険の加入は断られます。命に関わるような病気でないケースでも拒否されることがありますし、いわば2人分の健康状態をクリアしなければならないので、生保のものよりも厳しいと考えれられなくもないです。このような事態を避けるには、早期の加入が望ましいです。ゼロ歳児ですと持病を抱えているケースは少ないですし、親権者も若いですから病気のリスクは低減しています。

    健康診断による自己申告

    健康診断とは、学校や職場で健康状態を評価する診察のことを指します。これは、保険の加入前にも行われることが多く、健康状態の評価次第では加入を断られることもあります。学資保障の場合、対象となるお子様の健康状態は言うまでもないですが、契約者である親の健康状態も考慮に入れられます。それは、学資保障が進学時の積立金だけでなく、扶養者が死亡時に養育年金が給付される性質もあるためです。加入前の審査が若干厳しい中、加入者の自己申告だけは正直に答えた方が賢明と言えます。なぜなら、告知義務違反が見つかった際には、保険金が支払われないおそれがあるからです。

    © Copyright 貯蓄性だけでない学資保険. All rights reserved.